シラバス参照

科目名 インターンシップA 
科目名(英訳) Internship A  
科目ナンバー EX300A01 
担当者
(非)は非常勤講師

後藤 英雄

葛谷 幹夫

松本  純

単位数
開講学年 3年 
開講セメスター 前期集中 
履修順序・履修情報  
担当者及び時間割 【春学期】
葛谷 幹夫・後藤 英雄・松本  純:他 
カリキュラムの中での位置付け 工学部共通教育科目の複合領域科目であり、「デザイン能力」、「コミュニケーション能力」、「総合的視野」を身に付ける科目と位置付けられる。インターシップAは、インターシップBを履修するための前段階である。(ただし、インターンシップAのみの履修可)
<学習・教育到達目標との関係>
EC・・・1.1◎/4.1○/5.2○
EA・・・A3
EK・・・E○ 
身につく基礎力  



授業の主旨
(概要)
インターンシップB(就業体験)に参加するための準備を行う。 
具体的
達成目標
インターンシップAでは、インターンシップB(就業体験)に参加するためのビジネスマナーおよびインターンシップの意義を理解し、社会人として必要とされる基礎的知識・スキルの修得を目指す。 
授業計画
1 【内容】   インターンシップガイダンス 
【授業外学習】   インターンシップAで習得すべきことを整理する。 
2 【内容】   社会人に求められるスキル 
【授業外学習】   社会人としての意識を持ってインターンシップに参加することの意義を理解する。 
3 【内容】   第一印象の重要性 
【授業外学習】   好印象を与える自己紹介を考え、練習する。 
4 【内容】   わかりやすい文章作成法 
【授業外学習】   自身の文章を見直し、優良点と課題点を見つける。 
5 【内容】   伝え方・聴き方 
【授業外学習】   コミュニケーションとは双方向であることを体得する。 
6 【内容】   敬語演習 
【授業外学習】   ビジネス場面に相応しい敬語を実際に使ってみる。 
7 【内容】   職場におけるコミュニケーション 
【授業外学習】   分かりやすく伝え、相手の言葉を正確に理解することを実践する。 
8 【内容】   行動力の向上 
【授業外学習】   目標に近づくPDCAサイクルの回し方を学ぶ。 
9 【内容】   訪問マナーと来客対応の仕方 
【授業外学習】   学んだことを振り返り、どう実践するか考える。 
10 【内容】   電話対応 お礼状の書き方 守秘義務について 
【授業外学習】   電話・メール・手紙を送る際の注意事項を見直す。 
11 【内容】   インターンシップAの振り返り 
【授業外学習】   これまでの振り返りと最終レポートの作成をする。 
授業方法
担当教員による全体ガイダンス1回と、外部講師による講義10回の計11回実施する(一部内容が変更になる場合あり)。
講義は少人数制、かつ複数の学部・専攻の合同クラスで行う。 
成績の
評価方法
授業への取り組み、レポート等の提出状況などをもとに総合的に評価する。 
成績の
評価基準
90~100点:S評価,  80~89点:A評価,  70~79点:B評価,  60~69点:C評価,  59点以下:E評価とする。
【内訳】参加状況 55点,  インターンシップAレポート 20点,  インターンシップA受講レポート 25点 
教科書
No 書籍名 著者名 出版社 価格 ISBN/ISSN
1. 『インターンシップAテキスト』         
 
参考文献