シラバス参照

科目名 スタートアップセミナー 
科目名(英訳) Start-up Seminar  
科目ナンバー AA100A01 
担当者
(非)は非常勤講師

廣塚  功

石井  清

葛谷 幹夫

中村 圭二

中村 雅憲(非)

小川 大輔

松本  純

単位数
開講学年 1年 
開講セメスター 春期毎週 
履修順序・履修情報  
担当者及び時間割 【春学期】
石井  清・小川 大輔・葛谷 幹夫・中村 圭二・中村 雅憲・廣塚  功・松本  純:水5-6 
カリキュラムの中での位置付け 全学共通教育科目の初年次教育科目として実施される。この科目は中部大学が実施する初年次教育の「核」と位置づけられ,新入生全員が受講する必修科目である。中部大学の建学の精神・基本理念・教育目的をはじめとして,この科目の中で学ぶさまざまな知識や経験が,学習意欲と大学生活への適応性を高め,その他の科目への導入となることを意図している。すべての学部学科の教育目的につながる基礎的な科目のひとつである。 
身につく基礎力 コミュニケーション力  自己理解力 



授業の主旨
(概要)
「スタートアップセミナー」は,「高校から大学教育への円滑な移行・接続」を目的として,新入生が、「生徒」(受動的に学ぶ学習者)から「学生」(将来を見据えて主体的に学ぶ学習者)へと自立することを目指す科目である。学科別に行う少人数教育を通して,担当の教員が新入生一人ひとりを見守り,入学時の不安を軽減し,適切に助言しながら,グループでの活動などを通じて学生同士が互いに学び合い助け合う機会を提供する。

 授業内容は全学部・学科に共通の内容と各学部・学科の特色に合わせた内容から成る。全学部・学科に共通の内容として,「1.建学の精神・基本理念,教育上の使命・目的,自校史等」,「2.大学生活のライフプランとキャリアデザイン」,「3.大学生としての学びのスキル」,「4.大学生の対人関係,大学生活の安全・安心」を扱う。各学部・学科の特色に合わせた内容は,学部・学科の教育目的・目標,専門分野の概念,社会的意義,専門分野における学びのスキルなどを中心とする。 
具体的
達成目標
1)所属する大学・学部・学科の成り立ち・理念、教育目的を理解できる。
2)大学の中で人間関係、特に学習コミュニティーを構築する。
3)大学生としての主体的な学習姿勢・学習方法・学習スキルを身につける。
4)社会人としてのルール、自己管理力やコミュニケーション力を身につける。
5)4年間の学生生活・卒業後の進路・キャリアについて考え、計画を立てる。 
授業計画
1 【内容】   オリエンテーション 
【授業外学習】   今後の大学生活と将来について考える 
2 【内容】   学びのスキル 
【授業外学習】   授業の内容の理解のポイントを考える 
3 【内容】   社会生活の基礎 
【授業外学習】   将来の夢を考える 
4 【内容】   EL科分野別概要説明 
【授業外学習】   大学生活をどう過ごすか考える 
5 【内容】   建学の精神・基本理念など 
【授業外学習】   大学の歴史を調べる 
6 【内容】   電気システム工学科および電子情報工学科卒業生による特別講義「実社会と大学生活」 
【授業外学習】   自分の将来を考える 
7 【内容】   6班に分かれて個別テーマ(7回~14回) 以下,ある班のテーマ
1:SCOPEと図書館の使用法 
【授業外学習】   パソコンおよび図書館の利用方法を調べる 
8 【内容】   6班に分かれて個別テーマ(7回~14回) 以下,ある班のテーマ
2:大学生活と就活 
【授業外学習】   将来の進路について考える 
9 【内容】   6班に分かれて個別テーマ(7回~14回) 以下,ある班のテーマ
3:世の中で活躍するシーケンス制御の基礎 
【授業外学習】   シーケンス制御について調べる 
10 【内容】   6班に分かれて個別テーマ(7回~14回) 以下,ある班のテーマ
4:電気現象基礎実験 
【授業外学習】   身の回りの静電気現象の調査 
11 【内容】   6班に分かれて個別テーマ(7回~14回) 以下,ある班のテーマ
5:マイコンでLチカ体験:光強度制御 
【授業外学習】   マイコンおよびLEDでの光強度制御について調べる 
12 【内容】   6班に分かれて個別テーマ(7回~14回) 以下,ある班のテーマ
5:マイコンでLチカ体験:色制御 
【授業外学習】   マイコンおよびLEDでの色制御について調べる 
13 【内容】   6班に分かれて個別テーマ(7回~14回) 以下,ある班のテーマ
6:家電分解:準備、選定(2回連続の1回目) 
【授業外学習】   家庭にある電気製品の種類調査 
14 【内容】   6班に分かれて個別テーマ(7回~14回) 以下,ある班のテーマ
6:家電分解:解体、報告書作成(2回連続の2回目) 
【授業外学習】   家庭にある電気製品の機能調査 
15 【内容】   反省会、アンケート調査 
【授業外学習】   スタートアップセミナーの振り返り 
授業方法
授業は、少人数ゼミと全学共通内容の講義を中心に,特別講義、課題の提出など、多様な方法で行う。授業外学修における課題やレポート等がある場合は、授業時間やCoursePowerの中でのコメントを通じて学生へのフィードバックを行う。 
成績の
評価方法
授業に臨む姿勢や具体的達成目標の達成度などを評価する。 
成績の
評価基準
学科の定めた成績評価方法にもとづいて,100点中60点以上を合格とする。 
教科書
No 書籍名 著者名 出版社 価格 ISBN/ISSN
1. 『大学で学ぶ』  初年次教育科目ワーキンググループ   ナカニシヤ出版      
 
参考文献